採用率の低さをカイゼンする秘術

採用率の低さを改善する方法

コストやあなたのがんばりに比例しない「採用率の低さ」がここでの問題点になるのですが、

「人を集める」求人には、金がかかってしょうがない。そう思い込んでいませんか?

このトピックでは金がどんどん出ていくばかりで、なす術がないと思われている『採用率の低さをカイゼンする秘術』をお伝えします。

会社の命運は採用率にかかっている!

会社を運営するには人がいてこそで、中小企業では特に「良い人材とのご縁」は会社の命運を左右します。

金をかけてエージェントに紹介してもらうやり方が主流なのは、ハローワークでは若い人材が集まらないからとのこと。

一方で、コストがかからない手法としてソーシャルリクルーティングがあるものの、人材の心を掴むには、元々あなたの会社のファンでもない限り、やみくもにやっても効率が悪そうです。

採用率の低さは本当に打つ手なし?

この問題が深刻な理由は、行動力のある経営者のあなたを八方塞がりな気持ちにしてしまうほど「とっつきにくい」点です。

対策に取り組みたい気持ちはあるのにできないのは、やらないのではなくて、やりたくても「お金」や「ノウハウ」がないので、心情的に取り組んだところで本当にその労力に見合った効果が出るのか?

そんな不安感が拭えないため、どうしてもヤル気がでないというのが本音ではないでしょうか。

ですが、なにごとにも必ず解決法はありますからご安心ください。

私たちが悩むのは「解決法がない」からではなく、「対処法が分からない」からです。

よい実例:人材募集費ゼロ円

あなたの会社が社員たちから愛される経営をしていれば、求人広告を出さずとも、従業員が「一緒に働きたい!」と思う知人を誘うケースがあります。

実際に私はある会社で、先に入社していた知人の紹介で入社し、その後私が転属になった際には、今度は私が別の知人を紹介しました。

紹介しても知人との人間関係が壊れないような会社だと思えばこそ、社員だってどうせ一緒に働くなら優秀で人柄がよく、楽しい人を紹介したいと思うものです。

これなら広告費はゼロ円な上に、身元も経験値も確かで業務にすぅーっとなじんでくれます。

しかも従業員との親和性が高いということは、あなたとの相性も悪いはずがありません。

ですから従業員の紹介で入った人は定着率もよいのです。

人材定着する会社にしませんか?

わるい実例:まるで底なし!地獄のザル経営

実は真逆の経験もあり、前職の会社には絶対に知人を紹介する気になれませんでした。

中小企業とはいえ給料もまずまずで、業界日本一、世界でも知る人ぞ知る企業だったのにもかかわらずです。

それを表すかのように、採用率はひどく「人が集まらない」「人が辞めて困る」ザル経営が止まらない典型のような会社でした。

ふしぎと変な人ばかりを集めてしまうのと、いい人材ほどすぐに辞めてしまうのがセットになっているようでした。

金を払って募集した挙句、合わない人を雇ってしまったとしてもすぐに辞めさせることはできず、職場や従業員たちの気持ちがさんざん荒れたあとで、びっくり退職するケースも少なくなく、またコストをかけて一からやり直しです。

先行投資どころか、ドブに金を捨てるようなものでした。

実際に2ヶ月に一度のペースで人が辞めた時期が数年続いた折には、従業員の目から見てもお金がもったいない!と思ったものです。

採用率は「愛され経営」のリトマス紙

どう取り組んでいいのか分からない経営者が期待するのは「専門家のアドバイス」や「広報活動のサポート」といった人頼みがほとんどです。

どこへ向かってよいのか見当もつかない中で取り組むのはハードルも高く、専門家にすがりたくなるものです。ですが終わりが見えないのもまた事実。

そのため、社労士さんへの相談も多いようで、そのお気持ちはすごくよく分かります。

課題は「採用率の低さ」ですが、そもそも人がどんどん辞めていかなければ済む話なわけです。ということは、

  • 会社に魅力がある
  • 定着率がいい

これはあなたの会社が従業員たちから「愛され経営」になっているか?

そのリトマス試験紙、成績表になっているとも言えそうです。

コストとノウハウ不足がハードルに

採用率の低さに悩まないためには、人材募集の運びになったときに「取り組み方が分かればいい」わけですよね。

なぜなら、分かれば行動にうつす自信はおありのはずだからです。

ですがその背後には人手不足問題を総合的にクリアしないといけない課題がずらりと並んでおり、例えば「従業員のモチベーションを上げるには?」「職場環境の改善」といったノウハウはミクロな解決法に過ぎません。

すると社労士さんや経営コンサルタント、人材紹介エージェントなどに依頼すれば、すぐに採用率の低さとコストがどうにかなる問題ではないことが分かります。

なぜなら外部委託をするにしても、課題の的が絞られてなければ、迷走して時間とコストは膨れ上がっていくものだからです。

人材のコスト削減が難しい

問題の先送りをしてませんか?

またノウハウはご自身で調べようと思えばネットにいくらでも書いてあるので、本来、コストはかかりませんが面倒臭くなって後回しになりがちではないでしょうか。

そのため結果的に、コストに不安がある企業では、取り組みたい意志はあっても問題の棚上げをしたまま経営しているケースも多い、というのが現状でしょう。

コストをかけ人任せにしても手ごたえや、コストパフォーマンスが感じにくい上に、ずっと求人に不安を抱えた《ザル経営》を放置していては、攻めに転じることができずに会社の大きな飛躍が望めません。

悩みを抱えて堂々巡りの状態だと、打開策や会社を発展させる策をひらめくことすらままならないものです。

ですが、そんなあなたに朗報があります!あなたがすぐに行動にうつせる秘策がありますよ。

【じつは簡単】採用率の低さをカイゼン!

人を雇うために金がどんどん出ていく求人の《ザル経営》をカイゼンするには、まずは既存の従業員から「愛され経営」になればいいわけです。

すると、コストをかけ続けなくても良い人材は自然と集まってくるようになります。 

とはいえ、総合的に会社の魅力を上げていかねばならないため、複雑で難しい課題ですから一朝一夕には改善できる気がしませんよね?

そんながんばりたくても、がんじがらめの手詰まり状態で、どこから手を付けてよいのか分からない課題こそ、エネルギーで経営の悩みを解決する、新しいメソッドを試す時です!

なぜなら、どうしていいのか分からないあなたがすることは、手始めにご自身にエネルギーを注入すればいいだけだからです。

それからごく常識的な行動力を発揮すればいいのですから、非常に簡単ですよ。

簡単だから誰でもできるようになるセッションです

採用率の低さを改善する秘術とは?

複雑に見えても、じつは一つ一つ潰していけばいいだけ。

とにかく足かせが多すぎるから先に進まないのです。

そんな簡単な話じゃないと思うのは、今までは問題の大もとを根こそぎクリア出来る秘術があることを知らなかったからです。

エネルギーを使うのは、課題を串刺しにして解消できるからで、総合的な問題にこそ強いのです。

「体験者の声」に、「即効性はない」だけど

「不思議ですが、気がついたら色々なことが良い方向に変化しています」

「良いご縁と結びやすくなった」「ひらめきが増えた」「いい情報を得やすくなった」

といった感想が多いのはうれしい限りです。

【ベストチョイス!】求人コストは自己投資から始めよう

経営は長い目で見る必要がありますよね?

であるならば、コストをかける優先順位が重要では?

さあ今こそ、外部にコストをかけ続けるやり方を、まずはご自身に投資をする発想に切り替えましょう。

あなたにエネルギーを注入した結果として、現状がカイゼンしていくのであれば、これほどコスパのいい自己投資はありません!

長い目で見たときに、確実にご自身の成長につながっている、新感覚の自己投資を今すぐはじめませんか?

求人コスト削減術を知りたい方は!セッションに申し込む

Follow me!