【退職連鎖】コレが間違えない防ぎかた

退職連鎖を防ぐ方法

退職連鎖とは1人の優秀な人材の退職を引き金に、

人がどんどん辞めてく《ザル経営》状態になることです。

退職連鎖は、こと中小企業で起こってしまうと経営に大きく影響を与え、

取り返しがつかないため、これを未然に防げるならいいことづくめです。

このトピックでは「どんどん人が辞めていく退職連鎖を今こそ根こそぎ防ぎたい!」

と願う経営者の方向けに、ほかの会社代表がまだ気づけていない、退職連鎖を防ぐための最新アドバイスをお伝えします。

退職連鎖を未然に防ぐメリットはコスト削減

ここでいう優秀な人材とは、あなたの評価はさておき、肩書きに関係なく社員間で

「信頼されている人」です。

現場で一緒に働くからこそ知るその人の、信頼できる人となり…例えば解決能力が高い、

やることに間違いがない、頼りにしていた…と言うような実感があるからこそ、

「あの人が見切ったのなら」

と考え、漠然とした不安に煽られて、社員たちは我先にと退職を急ぐことになります。

冷静に考えると転職先こそ未知数なのに、ある意味の冒険に出たくなるほどの気持ちに

社員を駆り立てる心理を代表のあなたは本当に理解できているでしょうか?

ここが理解できると、

  1. 退職連鎖を未然に防げる
  2. 1が達成できたら、無用な求人をし続けなくても済む
  3. 退職連鎖による生産力のダウンも防ぐ

退職連鎖とこれに伴う余計なコスト発生は、防げるとはいえ、

早め早めの対策こそが肝要となってきます。

離職の防ぎ方について

よくある退職連鎖の防ぎ方は

  • 予兆を見つける
  • 事前に相談してもらう仕組みづくり
  • 社員にやりがいを持たせる

といった、社員の出かた次第の受け身的なモニタリング(観察)と環境整備に終始したものです。

ですが私に言わせると、このやり方では問題の核心に触れられないため、

私が言っている「早め早めの対策」とは、似ているようで起点が違います。

間違いやすい2大ポイント

あなたからすると、一生懸命、社員のことも常に考え、対策もしていただけに、忘れた頃に寝首をかかれるような出来事が起こり、裏切られると虚無感に襲われてしまうことも。

  • なんなら人間不信になったり、もう傷つくまいと社員に期待しないようになったり…
  • もしくは、「人間力を高める」と言うような、精神修行のほうへと向かってしまう方も

これまた私に言わせると「そっちの道に入っちゃダメ!そのマインドに入ると、どんどんゴールが遠ざかりますよ」です。

これもまた、従来のアドバイスとは大きく異なるのではないでしょうか。

あなたの離職予防の努力が報われない理由

あなたはどんどん人が辞めてく《ザル経営》を止めたいはずなのに、多くの経営者同様、

従来の視点しか持てなかったため、結果的に努力が報われずにきました。

不本意でしょうが、あなたは十分に努力をし、対策をとっているのに、

本質的には対応策をとっていないことになるため、悲劇的な体験を繰り返したり、

不安におびえたり、自信を無くしたりするハメになるのです。

この無自覚な努力こそが、自ら気付かないうちにやってはいけないことをやったり、

それが退職連鎖を起こしたりすることにもなりかねません。

このメカニズムが理解できないかぎり《ザル経営》は止まらないのです。

深層心理から見る退職連鎖のメカニズム

人望のある社員

「信頼されている人」というのは往々にして、みんなの仕事の受け皿になっています。

たとえば、誰もしたがらないけれど、誰かがしなくてはならない仕事を本人か、

もしくはアイディアを出す、指示することで処理してくれます。

すると見えてくるもの、やれることがありますよね?

まずは、この「信頼されている社員」に見限られないことだと分かります。

パニック状態になる社員の心理

次にほかの社員からすると、あなたの会社に残れば仕事の負担増、

混乱が予想されて、ちょっとしたパニック状態になっています。

漠然としていた未来への不安がリアルに突き付けられたからです。

退職連鎖で若者がすぐに辞める背景には、このようなある種の社内親離れができていない、

独立心が育っていない深層心理が働いている可能性が高いです。

みんな「自分が可愛い」というのは、偽らざる事実であり、そんな庇護してくれていた

親のような人がいなくなる訳ですから、社員たちにとって、

あなたの会社でよほどやりがいのある仕事をしてなければ、残るメリットはないといえ、

さっさと辞めるのも当然でしょう。

若手エース社員の心理

デキる若手エース社員ほど思考力、自信もあり、

「この会社と自分はフィットしない」

と思えば早めに転職した方が得であることを知っているので、ご存じの通り実行までが早いです。

また、はなから辞める決断力、判断力もない社員が残ることになることになれば、

あなたの負担は相当なものになります。

このタイプの人材は育成するにしても、期待薄もしくは手間がかかることが予想されるからです。

裏を返すと、そもそも社員の「心の成熟度」に退職連鎖はかかっているとも言え、

厳しいようですが働く以前の問題であり、多少なりとも「自分」というものがないと

見込みがないと言わざるをえません。

あなたの悩みは唯一無二

本気で退職連鎖を防ぎたいあなたがやるべきこと

あなたは知っていても、すぐに忘れてしまう基本的なことがあります。

それは人を変えることはできない…という事実です。

そのため本気で職場に大パニックを起こす【退職連鎖】を防ぎたいなら、エネルギーを注入してから、日々の経営課題に打ち込んでみてください。

すると、同じ一日を過ごすにしても、ふしぎとうまくいくようになっていきます。

ふしぎとうまくいく経験を積み重ねていくうちに、ご自身に自信が持てるようになって

社員の「心」というような不確かなものに惑わされず、あなたが信じる社内の体制を着々と築いていくことができます。

あなたが変わる以外にあなたの会社を変えていく手段はありえません。

退職連鎖を防ぐ最先端の方法とは?

本気で退職連鎖を防ぎたいなら、あなたが変わらないと解決しません。

この最先端の解決法は、あなたはただエネルギーを受け取って、これまでやってきたように、ザル経営を止める行動を起こせばいいだけ!という、革命的なメソッドです。

いままでと違うのは、まだほかの経営者たちが知らないエネルギーを使って問題解消』に取り組む点です。

あなたが自信をつけたその結果として、どんどん人が辞めない愛され経営になり、トータルコストも削減されていきます。

どうせなら自分と価値観を共有できる社員を引きつける人になって、

人とのご縁という目には見えない不思議なチカラを他の経営者に先駆けて感じてみませんか?

さあ、新しい時代の可能性を拓きましょう!

退職連鎖を防ぎたい方は!セッションに申し込む

Follow me!