外国人労働者の雇い入れ成功術

外国人労働者に定着してもらう策

今回のトピックは、外国人労働者の雇い入れなどの雇用でお悩みの方のために、解消のお役に立つような記事をお送りいたします。

日常生活を見渡すと、工事現場、介護、コンビニなど外国人労働者の方が実に身近に日本で働いてくださってることに気がつきます。

とはいえ、近所のコンビニに行くたびに、いつも違う「新人」外国人の方がレジに立っているのをしばしば見かけます。

胸のネームプレートに「研修中」とあることから推測しますと、マニュアルがあるとは言え、やはり人材が安定して定着してもらったほうが経営者の方も心安らぐに違いないだろうなぁとの思いで書いた改善のヒントです。お役に立てば幸いです。

外国人労働者の雇い入れに関する助成金

こちらの記事で外国人労働者就労環境整備助成金についてご紹介しましたが、厚生労働省が助成金を使って外国人労働者の職場定着をバックアップするくらいですから、そこがいま多くの経営者様の悩みのタネといえるのでしょう。

私自身、新卒入社の会社以外はいつも誰かしら外国籍の同僚がいました。

ジェネラルマネージャー(社長)も数名いたので、ごく当たり前の職場環境だと思っていましたが、昨今においては、人が集まらない人手不足の理由から外国人労働者に頼らざるを得ない背景があるのは間違いありません。

外国人労働者の雇い入れに失敗する会社とは

そんな、人手のニーズがますます高まる外国人労働者とうまくいくために、特に「定着して欲しい」、不適切な扱いをそもそもするつもりがないのであれば、コミュニケーションを密にとることで、相互理解を深めることで、すれちがいも少なくなっていくようです。

うまくいくポイントは簡単なことで、国籍に関係なく優秀であれば、「日本人と同じように待遇を」すること。

また、外国人の場合、言語や文化も違うというハンデがあるところを日本人よりは厚めにサポートをしてあげることでうまくいく可能性がアップするようです。

同じ人間ですから、思いやりあって働けばうまくいく…これは職場における絶対的な真理ですよね。

コミュニケーション力を高めて問題解決

実は私は外資系企業で長らく働いていた経験があるものの、しかも英会話必須のマーケティング部に所属していたのにもかかわらず英文は読めても英会話が苦手でした。

そのため、上長とのミス・コミュニケーションもしばしばでつらい思いをしたことがあります。

そういったコンプレックスがあったため、今も英会話を学び続けているのですが、続けた今ではそこそこ上達し、深い話をすればするほど、人間と言うのは人種に関係なく、人として合うか合わないか。

となのだとつくづく感じるようになりました。

つまり、人とのご縁を結ぶのに、難しいことはいらず、会話がうまくできないことに気後れせずコミュニケーションをよくとることなんですね。

言葉はなくてもご縁は引き寄せられる!

外国人労働者の雇い入れが必要なあなたであれば、

求人の時にあなたと会う人材を引き寄せられるか?良縁が結べるか?そこに尽きることになるでしょう。

なぜなら、なかなか一筋縄ではいかないという話を良く聞くからです。

さあ、心配が尽きないあなたが外国人労働者の雇い入れの際、良縁を結ぶためにすることは、エネルギーを注入するだけ!

そして今までどおり行動を起こせばいいだけ!ですから簡単ですよね!

そして私の経験上、エネルギーを使って自分を変えることで、気後れせずに誰とでも話せるようにもなるんですよ!

外国人労働者と良縁が結びたい方は!セッションに申し込む

助成金の記事をアップしてから気にかけてみておりましたら、外国人労働者の雇用を専門として

サポートをしてくれる企業さまがあることを知りました。

しかも、以下にご紹介するお役立ち情報のページはとっても秀逸ですので、今回ぜひご紹介したいと思います。

ONODERA USER RUN(オノデラユーザーラン)様のお役立ち情報はこちら

Follow me!