採用してはいけない人の見極め方

この人を採用しても大丈夫?人材の採用に迷わなくなるヒント、知りたくない?

採用をするとき、経営者のあなたは

「この人でいいのかな?」

そんなふうに迷ったことはありませんか?

今まさに、迷っている方もいらっしゃるかも知れませんね。

そんなあなたのために、採用の時に迷わなくなるヒントを今回はご紹介します。

こんな時はやめるべき!採用してはいけない人材

事業拡大のため、人材募集をかけていたあるとある経営者の方がいました。

あたらしい店舗は規模が大きかったので、そこそこの人数を雇わなくてはなりませんでした。

しかもタイミングが悪く、ちょうど人が動かない時期だったので、なかなか人が集まらない状態でした。

そんな中、身につけているスキル的には問題がない。

だけど、雇ってから扱いにくくなりそうだなと予想された人材に内定を出してしまいました。

即戦力の人材だったことと、人材難のため、人が集まる気がしなかったからです。

とはいえ、採ったのはご本人なのに、後悔されました。

それはそうですよね。

いいのか悪いのか?どう出るのかがまだ分からないし、先々におよぶ話だからです。

採用してはいけない人をはじくには?

ご縁について理解できていますか?

ですが私は、内定を出した相手の方は自然といなくなるだろうなと思い、そうお伝えしたら、案の定、先方からお断りが入ったことがありました。

なぜだかわかりますか?

理由は「あなたと波長が合わなかったから」

え?と思いましたか?

でもエネルギー的な視点でいうと本当のことです。ご縁とはそういうものなのです。

いずれにせよ、現実的に採用は流れたのでした。

これはよくやる採用してはいけないパターンで、「人が足りないから」といったポジティブではない理由から採ったり、直観的に「どうかな?」と思う時も、後で後悔するようなネガティブなことがその人との間で起こります。

一方で、そんな「採ってないけない」人を引き寄せたこの経営者の方や、今お悩みのあなたにも実は今すぐ始められる改善ポイントがあるのです。

この背景にあるメカニズムを知ると、私がご提供するエネルギーをツールに使うセッションが、いかに有効なのかが理解できますし、実際に自分にぴったりの人材が集まるようになってきます。

採用してはいけない人と縁を結ばない秘けつ

ご縁とは、あなたの器にあった人しかやって来ないものです。

それならば、[目には見えない]ご縁の裏事情を知りたいと思いませんか?

知らないと損をします。

なぜなら、知ると何を自分の何を変えればうまくいくのかが分かり、自分がどうすればいいのかが明確になるからです。

しかも、セッションを重ねるたびにあなたは、「採用してはいけない人」を頑張らなくても自然と寄せ付けなくなっていきます。

難しそうに聞こえますか?そうでもありませんよ!

あなたがすることは、❶裏事情を聞いた後に、❷エネルギーを注入して、❸採用活動をするだけ。

こののカンタン3ステップで叶いますよ。

採ってはいけない人を引き寄せたくない方は!セッションに申し込む

Follow me!