マネジメントで離職率を下げる秘けつ

離職率を下げたくない?マネジメントで離職を防ぐ3つのヒントおしえます

経営者のあなたは、リテンションマネジメントとも呼ばれる社員の離職を防ぐ防止策を何かしていますか?

今回のトピックでは、評価制度に関するマネジメントのやり方を見直すことで、離職率を下げる秘けつをご紹介します。

評価制度の見直しは効果あり!

外資系企業にいたとき30名ほどの規模であっても、人事評価の制度見直しとあわせてインタビュー(面談)が行なわれていました。

そのような取り組みをしているだけでも、従業員としては安心感が広がります。

「何もしてくれない会社なんだ」と思われては、人材流出のきっかけにもなりかねません。

助成金を利用してマネジメント力をアップ!

少ないコストでも実現するため、国の助成金を活用することもご検討ください。

助成金で人材不足解消
人材評価の改善して、離職率の低下、賃金アップ!

賃金制度の見直しも行えるメリットもあり、離職率を図るよいきっかけにも。

そもそも「去年よりも今年!」の評価制度ありますか?

あなたにこれだけは押さえておいてい欲しいポイントがあります。

客観的な評価基準がある上で、透明性の高い評価制度がきちんと「あり」ますか?

不公平感が一番、社員の不満の火種になりやすいからです。つまり、離職率を上げる一因にも。

従業員の成長が評価基準にもとづいて誰にでもわかりやすい評価制度があることが大切です。

私の経験で恐縮ですが、「売上を上げたこういうところが評価されました」と言って、給料を上げてもらった時の高揚感が今でも忘れられません!

うれしさは「またがんばろう!」と、社員が素直に思えるハップン材になります。

会社全体の効率化のために見直す

経営者のあなたがお忙しい中でどうせ取り組むのなら、一石なん鳥も狙いませんか?

あなたの会社が大きくなるにつれ、本当は、もうしなくてもいい業務と言うのは必ず出てくるものです。

統廃合できる、もしくは形骸化したタスクがないか確認するいい機会になるでしょう。

もちろん、あなたの代わりにマネジメントを任せている方にお願いしても。

離職も流出もモンスター社員も根っこは同じ問題!

リテンションマネジメントに欠かせない社内インタビュー(面談)

リテンションマネジメントにも、制度作りが肝心です。

作るまでが面倒ですが、一度作るとあとは運用していけばいいだけです。

「ちゃんと評価されない!」

と、思っている従業員はあなたが思っている以上に多いもので、ここからモンスター社員を産む流れにつながることにも発展しかねません。

なにごとも結局はやるかやらないかだけなんですよ。一つ一つ潰していけば、いつかは楽になるものです。

実際に、私はエネルギーをツールにして人生が変わってきた経験を通して、そのことを実感しています。

問題が複雑にありすぎるように見えるから、どれから手をつけて良いのかわからなくなるのです。

そんな時こそ、エネルギーをご活用ください!

あなた由来のあなたの幸せだけを望む善魂菌エネルギーがあなたのために

最優先の問題を選んで取り除いてくれます。

あなたがすることは、セッションに申し込んでエネルギーを注入するだけ!

リテンションマネジメントの課題を一つずつ最高最善につぶしていくファーストステップに最適です。

リテンションマネジメントに関する自分で分からない問題を取り除きたい方は!セッションに申し込む

厚生労働省 人材確保等支援助成金(人事評価改善等助成コース)

Follow me!