離職防止はツールで課題を見える化!

ツールでサクッと離職を防がない?流れのはやい時代に、古い価値観で乗り遅れてない?

今回は離職を防ぐために分析して社員のケア(満足度アップ)やモチベーションアップを支援する「離職防止ツール」のご紹介です!

ツールが解決してくれるのはこんなお悩みです。

  • 離職を防ぎたい
  • 離職理由を知って役立てたい
  • 慢性的な人手不足
  • 社内のコミュニケーション不足を改善したい

こう言ったお悩みを解決するシステムが、ビジネス系ITサービスである「離職防止ツール」なのです。

【タイプ別】離職防止ツール

離職防止ツールには、在籍している従業員を対象としたものとしては、2つのタイプに分けられます。

1.離職を察知するタイプ

2.モチベーション支援タイプ

人がどんどん辞めてくザル経営》になったら、人材募集のコストがかさむことを考えると、やっと採用できた人材を育む方が手間としては楽ですよね。

じつは人材を募集する際の人材採用のミスマッチを防止するタイプのツールもあります。

ストレス耐性や職業適性、個々の能力などを計る…なんてことができるサービスも!

モニタリングの時間を短縮

「離職を防ぐには予兆を察知しましょう」と、書いてあるアドバイスをよく見ますよね。

そのためには、管理職はよくよく社員を観察することが欠かせません。

そのじっくり育む時間があればできるでしょうが、「みんなが忙しい!」のが現実です。

そうした時代のニーズをくみとったサービスといえそうです。

というのも、離職を防ぐために、あなたはいま何か予防策はしていらっしゃいますか?

離職防止ツールの価格を見てみますと、月額400円のものや、3名まで無料といったものも!

リーズナブルな金額で社員の定着が可能になるのであれば、考えようによっては安いものかも知れません。

離職を防ぐにはコミュニケーションが大切

離職予防はあなたの経営センスにかかってる!

どこの段階でコストをかけて、予防するのか?

リスク回避と費用対効果などのバランスは、まさにあなたの経営センスが問われているのかも知れません。

私がなにごとも早め早めが肝心、初動が大切だと思うのは、いちばんコストがかからないやり方だと思っているからです。

何もしないよりは、離職率を下げるためにツールを使うことは、合理的に思えます。

何もしないのが一番良くないです。

単純なはなしで、行動を起こさなければ何も変わらないからです。

そして、人材の募集にコストと時間をかける従来のやり方で、明るい兆しが見られないのであれば、新しいやり方を取り入れる柔軟性も経営センスには必要ではないでしょうか?

離職防止も【器の大きさ】もツールをつかう時代!

とはいえ、このような離職防止ツールは、あくまでもツールです。

対策まで立ててくれるところまでがパッケージだとしても、コミュニケーション不足が、離職原因の一つにもなっているのですから、人どうしが向き合わなければ本末転倒です。

結局はあなたとあなたの会社がいかに社員の心を引き付け続けられるか…

最終的にはやはり、ここに行き着きますよね。

経営課題を防ぐ最終兵器はヒトとなり!

あなたは引きつけ続けるその器を育てていますか?

時間がないとどうしても、目の前のことに精一杯になりがちです。

ですが、ここ最近の傾向として、自分を磨いてこなかった方々の苦戦が目につくことが増えました。

2025年に向けて、機能しなくなったものはどんどん削ぎ落とされているのがまさに今です!

あなたはご自分のアップデートに自信がありますか?

それだけの時間をご自身にかけてきましたか?自己投資してきましたか?

従業員をツールでケアする前に、まずはご自身のアップデートが先決です!

あなたのアップデートによって、従業員の器も自然と上がって行くものだからです。

時間がないあなたこそ!

遠隔でいつでもどこでも受け取れるエネルギーをツールに使って、器を大きくしませんか?

あなたがすることは、エネルギーを受け取るだけ。

あとは、行動に移すだけのカンタン2ステップです!

エネルギーでアップデートしたい方は!セッションに申し込む

《離職防止ツールまとめ》

マイナビニュース 離職防止ツールおすすめ20選比較【2021年】 | 製品比較のポイントも解説!

LISKUL 【2024年最新版】離職防止ツールおすすめ33選を比較!選び方も紹介

Follow me!