残業代で会社がつぶれる前に

残業代0円コストカット術
本気で人件費削減したい経営者しか読まないでください。

残業をなくすことは、人手不足の日本ではいまや従業員をとどまらせるマスト命題です。

「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」が離職理由のトップだからです。

一方で経営者のあなたは、残業をなくすことで人件費のコストカットをしたい本音があるはずです。

残業代を今こそ本気で合法的に減らしたい経営者の方のために、残業がどんどん減らせるヒントを教えます。

残業がうまれる理由3選

1.残業したい従業員マター

残業したい従業員には理由があります。

  • 家に帰りたくない、居場所がないから
  • お金が欲しいから

この二つですよね、ズバリ。

残業が常習化している従業員に対して、本当は残業しなくてもいいのにしてる人はまわりはすぐに分かりますから、このタイプはあなたの会社から、いずれいなくなってもらった方がいい人です。

なぜならまともな社員は、あえて残業するようなことはしない上に、ズルを許して何もしない経営者のことが内心許せないからです。

2.能力不足で残業する従業員マター

  • 時間内に終えている人に仕事の進め方をチェックしてもらってマニュアル化など文書化して渡しましょう。
  • そもそも、そのタスクはその人に合ってますか?配置換えも検討してください。
  • これを機会に仕事の割り振り方に関する、組織の見直しをするといいでしょう。

3.会社が残業させるマター

これは会社都合でサバける従業員に残業をさせてしまうパターンで、マネジメントする側が引き起こしていることだからこそ最も無自覚かつ深刻な問題です。会社都合の場合、

  • 突発的な問題への対処
  • トップがPDCAをしておらず、迷走した結果、何度も同じような作業をさせるから
  • 残業ありき

残業が起きる原因の多くは「後追いの仕事」が発生しているということです。

まずはそう簡単にはブレない柱となる計画を立て、改良しながら前進し続けるやり方が効率が良いなかで、スタート時点で「なんとなく」で始めてしまう、または短期的思考で組織を動かす場合、マンパワーと仕事量が一致しておらず、しかも何度も同じところをなぞるような仕事をしているだけに過ぎないことが多いものです。

入り口の時点で間違えているだけなのに、振り返って自覚する作業をしないので、「さも当然」の残業として扱われるので進展がないのです。

残業ゼロに成功した企業様のご紹介

アクシアさまは、ノー残業に取り組んで一年以内に業務改善を達成されています。

業務効率を上げる秘けつが網羅されているのでおすすめです。ぜひ、参考記事に目を通してみてください。

残業代よりもプライベート樹脂の従業員は増えています

残業代が減らせないあなたの会社の原因

結論を申し上げますと、それはズバリ、あなたに原因があります。どのパターンであっても、

結局はあなたが本気で変わらないことには、残業があなたの会社からなくなることはない、というリアルです。

残業代ゼロにするのはあなた次第

なぜ、あなたが変わる必要があるか分かりますか?

世の中にはたくさんの残業代を減らすための秘けつを発信している記事がたくさんあります。

ここでもヒントはたくさん書きました。

ですが、それを実行しないあなたがいる限りは、みんながハッピーになれる人件費のコストカットは不可能です。

実は無意識レベル、潜在意識であなたが実行するのを邪魔する障害物があるから、あなたは実行に移せない、または実行したいと思わないだけかもしれません。

「できない」「やれない」負をなくす方法

そういうときこそ、エネルギーを注入してサポートしてもらいましょう!

エネルギーをツールに使うことで、あなたが自分では変えられない、あなたの「できない」「やれない」負の部分を書き換えられるからです。

あなたがすることは残業代カットの課題に取り組む前に、エネルギーを注入するだけ!

なかなか腰が上がらない…身動きが取れないと思っている時こそ、エネルギーが役に立ちます。

ハッピーに人件費カットできる!
ノー残業応援ツール

私は前職で残業代を踏み倒されました。いまだに根に持ってます(笑)。

なぜなら、その残業があったおかげで、会社にとってその後も財産となる利益を生んだからです。

実績をメディアに残せたくらいですから十分と言えるかと思います。

ハローワークに行った時、残業代を違法に踏み倒した会社を「訴えますか?」と聞かれました。

ノー残業デーなんて作っても、違法にサービス残業をさせておいて、残業代を払わずに済ませる企業はまだまだあります。

そんな会社はびっくり退職人材流出されても仕方がないと言えます。

私がこのトピックを書いたのは、もしも今、残業代をまともに支払っていない、だけど【払いたい気持ちはある】のであれば、その課題を本気で解決して欲しいと願うからです。

踏み倒して平気な経営者ではなく、残業代を気持ちよく支払いたいと思う反面、何かしらの障害物があるせいで、「無理だ」「できない」と思い込んでしまっているあなたのお役に立たせてください。

エネルギーを注入して経営課題を解消しませんか?

残業代をハッピーに削減したい方は!セッションに申し込む

アクシア様の残業をゼロにするまでの業務効率化の失敗談はとってもタメになりますよ!

参考:株式会社AXIA(アクシア)社員のやる気を奪う業務改善7つの法則

Follow me!